古いロレックスの修理やオーバーホールについて!日本ロレックスの対応は?

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
古いロレックスの修理やオーバーホールが必要な場合、メーカーである『日本ロレックス』にお任せするのが最も安心だとは思いますが・・・。
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

何かの縁でアンティークのロレックスを手に入れたり、家族や知人から古いロレックスを受け継いだりした場合、

「修理やオーバーホールはどうしよう?」

きっと、そんな悩みを感じることがあるはずです。

冒頭にもあるように、日本ロレックスにお任せできればそれが最も安心な方法です。

なぜなら、『日本ロレックス=ロレックスの正規メンテナンスサービス』だからです。

しかし、場合によっては日本ロレックスで修理やオーバーホールをしてもらえない、あるいは日本ロレックスはおすすめできないこともあります。

一体、そのようなケースとは・・・?

もし、古いロレックスをお持ちであれば、ぜひこの続きはチェックしてみてください。

【おすすめの記事】

このページでは、 日本ロレックスのオーバーホール料金 日本ロレックスのオーバーホールに並行差別はあるのか? 日...

日本ロレックスの修理部品保有年数は25年

古いロレックス 修理 オーバーホール 日本ロレックス

世間では「ロレックスは一生モノ」という認識が強いのかもしれませんが、それは実際には正しいとも間違っているともいえないでしょう。

なぜなら、日本ロレックスは1つの時計に対し、半永久的に修理やオーバーホールを受け付けてはいないからです。

日本ロレックスの修理部品保有年数は、製造終了後25年といわれています。

それ以降にパーツ交換が必要になった時計の修理やオーバーホールは、拒否される可能性が高いです。

「ガチャ」ではそもそも修理不可

古いロレックス 修理 オーバーホール 日本ロレックス

ガチャとは、純正以外の部品を使用して修理された時計のことです。

そのような時計は、日本ロレックスでは古い時計でも新しい時計でも修理やオーバーホールを受け付けてはくれません。

過去の修理歴が不明な時計ほど、ガチャである可能性は高いはずです。

おそくら、ガチャであることは、裏蓋を開けてムーブメントを分解した時点で発覚する場合が殆どでしょう。

となると、「せっかく日本ロレックスに時計を送ったのに・・・」といった具合に、それまでの手間が全て無駄になってしまう恐れもあります。

【おすすめの記事】

ロレックスやオメガをはじめとする所謂「高級時計」は、修理やオーバーホールさえすれば、一生モノとして使い続けることが可能です。 これ...

運良く日本ロレックスで修理出来たとしても・・・

日本ロレックスに修理部品の在庫があって、時計自体もガチャではない。

となれば、修理やオーバーホールは可能ですが・・・。

この時点で安心するのはまだ早い?

日本ロレックスにお任せするなら、次のことは予め覚悟しておくべきです。

修理代が高額になる

ただでさえ高額なロレックスの修理代やオーバーホール料金ですが、古いロレックスほどその費用は大きくなります。

古ければ部品の劣化や損傷も激しくなるので、それは当然のことかもしれません。

ただ、それに輪をかけてロレックスならではの「ある理由」が、ユーザーの経済的負担をさらに大きくするはずです。

というのは、日本ロレックスが使命とする修理やオーバーホールは「時計の性能を基に戻すこと」だからです。

そのため、まだ使えそうな部品であっても、容赦無しに交換(=修理代が高く付く)というのは非常に良く聞く話です。

例えばケース痩せが原因で本来の防水性能が維持できなければ、高額なケース交換を勧められます。

最悪それを拒否すると、修理やオーバーホール自体が不可ということにもなりかねません。

価値あるヴィンテージ部品も容赦無く交換される?

ブレスや文字盤、ベゼルや針に至るまで、部品毎に価値が付くのもロレックスの大きな魅力といえるでしょう。

特に、それが希少なモノであれば、私たちの想像を遥かに超える値が付くことも珍しくはありません。

そんな価値ある部品をうっかり日本ロレックスの修理やオーバーホールで失わないように注意しましょう。

先にも書いた通り、日本ロレックスの使命は時計の性能を基に戻すこと。

希少な部品を残すことではありません。

さすがに勝手に交換されることはないと思いますが、見積もりの段階で必ずチェックするようにしましょう。

ただ、これも交換を拒否すれば、修理やオーバーホール自体が出来ないということになりかねません。

1つ1つそのような細かな相談をすること自体も、日本レックスでは難しいかもしれません。

古いロレックスの修理やオーバーホールは時計修理店がいい?

古いロレックス 修理 オーバーホール 日本ロレックス

日本ロレックスで修理不可でも、街の時計修理店なら対応できるケースがあります。

古い部品を在庫していたり、独自に部品を手作りして対応してくれる時計修理店があるからです。

また、「日本ロレックスに依頼するよりも安く済ませたい」

そんな理由でも時計修理店は選ばれています。

色々質問したり、些細なことでも相談できる時計修理店があれば、特に古いロレックスの場合はそのようなお店がベストではないでしょうか。

融通が効くという点においては、日本ロレックスより時計修理店の方が優れているのは、まず間違いないでしょう。

【おすすめの記事】

ロレックスの修理価格が安いオロロジャイオの評判や口コミ、特徴を調査!

年間修理実績25,000本以上の『WATCH COMPANY』が選ばれる理由とは?

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロレックスの研磨回数は何回まで?しない方がいい?痩せで価値は変わるのか?

デイトジャストのオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

ロレックスのオーバーホールの時期や頻度の目安は何年?いつが最適?

ロレックスのリューズ交換料金、修理代はいくら?日本ロレックスに直接依頼することは...

ロレックスが水没したら!修理はどこに?修理代はいくらかかる?

ロレックスの精度は日差何秒までが許容範囲?