タグホイヤーの正規オーバーホール料金や頻度、並行差別の有無を調査!

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
タグホイヤーのオーバーホールをメーカー(正規代理店)に依頼しようと思った時に、何か気になることはありませんか?
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

タグホイヤーのオーバーホールの依頼先としては、大きく分けると

  • メーカー(正規代理店)
  • 一般の時計修理店

この2つになるわけですが、まずは「メーカーに依頼すべきかどうか」を最初に考えるのではないでしょうか?

このページでは、そんなタグホイヤーのオーバーホールをメーカーに依頼する場合の料金など、おそらく気になるであろうことについてまとめています。

もし、タグホイヤーのオーバーホールを検討中なら、ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

このページでは、タグホイヤーの並行輸入品をオーバーホールする前に知っておいた方が良いことや、おすすめの時計修理店に関する情報などをまとめ...

タグホイヤーのオーバーホールの適切な頻度とは?

「タグホイヤーのオーバーホールの適切な頻度とは?」

この問いに対する答えとしては、おそらく様々な意見を聞いたことがあるのではないでしょうか?

人によっては、

「3年に一度はした方がいい。」

「5年に一度はする必要がある。」

といった意見もあれば、中には、

「10年に一度くらいで大丈夫。」

「動かなくなってからでも問題無い。」

などなど、「一体どれが正しいの?」と、あなたも悩んだことがあるかもしれません。

ちなみに、メーカーでは『クォーツ』『メカニカル』のオーバーホールの頻度に関して、それぞれ次のような見解を示しています。

クォーツの場合

全ての精密機器は、一定期間が過ぎると、十分なオーバーホールが必要になります。腕時計のメンテナンスの頻度は、モデル、天候、ご使用状況によって異なります。
原則として、クォーツウォッチは、4~6年に一度の十分なタグ・ホイヤー サービスを受ける必要があります。お客様の時計をお預かりしている間は、熟練の時計技師が時計のメンテナンスに全力を注ぎます。
出典:http://customer-service.tagheuer.com/ja-jp/service/complete-quartz-overhaul-0

メカニカルの場合

各精密機器にはメンテナンスが必要です。モデル、天候、使用状況によってその頻度は異なります。原則として、機械式、または、エレクトロ・メカニカル時計は、4~6年に一度の十分なタグ・ホイヤー サービスを受ける必要があります。お客様の時計をお預かりしている間は、熟練の時計技師が時計のメンテナンスに全力を注ぎます。
出典:http://customer-service.tagheuer.com/ja-jp/service/complete-mechanical-overhaul-0

どちらも4~6年に一度は、オーバーホールの必要があるとのこと。

あくまで目安ですが、覚えておいた方が良いでしょう。

タグホイヤーに並行差別はあるのか?

そもそも並行差別とは何なのでしょうか?

本来は並行差別ではなく「正規品優遇」と言うのが正しいのかもしれませんが、要はメーカーが『国内正規品』『並行輸入品』とでアフターサービスの内容や値段に差を付けることを意味しています。

で、タグホイヤーの場合ですが、並行差別が存在します。

国内正規取扱店で購入した時計(正規品)については、『エドワードクラブ』への会員登録が可能であり、修理やオーバーホールが会員価格で受けられます。

一方、並行品も修理やオーバーホールを受けられますが、エドワードクラブへの会員登録は不可。

修理やオーバーホール料金は、会員の1.5倍ほどになっています。

ちなみにエドワードクラブという名前は、ブランド創設者エドワード・ホイヤーの名が由来となっています。

タグホイヤーのオーバーホール料金

タグホイヤーのオーバーホールをメーカーでする場合の料金については、こちらをご参照ください。

先述の通り並行差別があるため、正規品と並行品では料金が違うことに注意してください。

尚、この料金は、言ってみればオーバーホールの基本料金みたいなものです。

実際には、+αで何らかの部品交換の料金も発生すると、予め覚悟しておいた方が良いでしょう。

タグホイヤーのオーバーホールの注意点

ここでは、タグホイヤーをメーカーでオーバーホールする場合に、個人的に気になった点を2つ指摘したいと思います。

ポリッシュがオプションサービス

1点目は、ポリッシュ(研磨仕上げ)のサービスが標準ではなく、オプションということです。

これは、ロレックスやオメガのようにポリッシュを標準サービスにして、オーバーホールの基本料金に含んでいるのとは対応が異なります。

そのため、ポリッシュを希望の場合は、上で紹介したオーバーホール料金に加えて別途料金が発生します。

オプションにすること自体は問題無い(むしろユーザーが「する」「しない」を選べるので良い)のですが、それにしてはオーバーホール料金が高いというのが正直に思うところです。

保証期間が短い

2点目は、オーバーホール後の保証期間が1年しかないことです。

しかも、ヴィンテージウォッチはその1年の保証すら対象外です。

これもロレックスやオメガとの比較になってしまいますが、この2社のオーバーホール後の保証期間は2年です。

ロレックスやオメガと比較するのが妥当かどうかはわかりません。

ただ、「これだったら一般の時計修理店に出すのと何が違うの?」

私を含めそう感じる人は少なくないと思います。

最後に

タグホイヤーをメーカーでオーバーホールする場合、特に並行輸入品をお持ちの場合は料金やサービス内容に「魅力を感じない」と思うかもしれません。

その場合、残された選択肢は一般の時計修理店しかありませんが、時計修理店を検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

時計修理店の一番のメリットは、何と言っても料金が安いことです。

また、納期が早いのも大きな魅力です。

メーカーの納期が大体1~2ヶ月であるのに対し、時計修理店では2~3週間というところも珍しくありません。

逆にデメリットといえば、お店によって技術や対応に差があることです。

よって、もし時計修理店にタグホイヤーのオーバーホールを依頼するなら、料金や納期以外にも技術や対応の良し悪し、保証の充実度も必ずチェックするべきです。

【おすすめの記事】

ロレックスの修理価格が安いオロロジャイオの評判や口コミ、特徴を調査!

年間修理実績25,000本以上の『WATCH COMPANY』が選ばれる理由とは?

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タグホイヤー(並行輸入品)のオーバーホール料金が安いおすすめを紹介!