保証を比較する前に時計はオーバーホールしない方がいい!

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

ロレックスやオメガといった機械式時計をオーバーホールする際に気にかけたいことが一つあります。

それは、オーバーホール後の保証についてです。

そもそも保証があるのかどうか。

また、保証がある場合はどのくらいの期間なのか。

保証の期間についてはブランドによって様々ですし、メーカーに依頼するか時計修理店に依頼するかでも当然ですが違ってきます。

そんなオーバーホールの保証に関する色々について、気になる部分を調べてみました。

【おすすめの記事】

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

ロレックスやオメガのオーバーホール後の保証期間 (メーカーの場合)

どのブランドでも、メーカー(正規代理店)によるオーバーホールには、必ずと言っていいほどオーバーホール後の保証が付いてくるものです。

おそらく、これが何も無いというブランドは皆無なのかもしれません。

ロレックス(日本ロレックス)やオメガ(スウォッチグループジャパン)は、オーバーホール後2年間の保証を設けています。

では、その他のブランドはどうでしょうか?

代表的なブランドについて下記にまとめておきます。

オーバーホール後2年間の保証があるブランド

IWC/カルティエ/ジン

オーバーホール後1年間の保証があるブランド

タグ・ホイヤー/パネライ/ブライトリング/ブルガリ/シャネル/オリス

2年よりも1年というブランドが多いのには、少々驚きを感じました。

そう考えると、ロレックスやオメガは流石だなと思います。

ロレックスやオメガのオーバーホール後の保証期間 (時計修理店の場合)

一般的に時計修理店の場合は、下記の『シエン』のようにどのブランドの時計に対してもオーバーホール後1年間の保証を設けているところが多いようです。

【関連記事】

時計をオーバーホールしない理由が費用ならシエンという優良店がおすすめ!

よって、ロレックスやオメガのオーバーホールを依頼する場合は、メーカーに依頼するよりも1年間保証期間が短いことを予め覚悟しておかなければなりません。

尚、時計修理店の中にはそもそもオーバーホール後の保証を一切設けていないところもあるため、注意が必要。

後で不具合が出て泣き寝入り・・・。

そんな悲惨なことにならないように、 保証については 時計修理店を利用する前に必ずチェックしておくべきです。

保証 比較 時計 オーバーホール

時計の修理・オーバーホール専門店『シエン』はこちら⇒

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オーバーホールしない時計を売却したのは資産にならないと判断したから

時計の修理オーバーホールをメーカー(正規代理店)に依頼するメリットとデメリット

料金に釣られて時計のオーバーホールをしない方がいい理由

ロレックス(機械式時計)をオーバーホールしないとどうなるか解説!