ロレックスの研磨回数は何回まで?しない方がいい?痩せで価値は変わるのか?

時計修理専門店【オロロジャイオ】 時計 オーバーホール おすすめ ランキング
期間限定(2020.9.1~9.30)
ロレックス機械式/フランクミュラー機械式
オーバーホール基本料金税別2,000円引き!

【全国対応】オロロジャイオの公式サイト


⇒オロロジャイオの口コミ・評判はこちら
T.A.

T.A.
こんにちは。当サイトの管理人「T.A.」です。

ロレックスのオーナーであれば、誰しも少なからず時計に付いてしまった傷のことを気にしたことがあるはずです。

「研磨はしない方がいい?」

「研磨すると価値が落ちてしまう?」

「研磨は何回までできる?」

時計に傷は付き物なのであまり気にしないのが一番ですが、そうとわかっていても悩んでしまうこともあるはずです。

なので今回は、ロレックスの時計と傷、研磨のことについて気になる部分を調べてみました。

【おすすめの記事】

年間修理実績25,000本以上の「WATCH COMPANY」が選ばれる理由とは?

日本ロレックスで研磨のみは可能?料金はいくら?

ロレックス 研磨 回数 何回まで

日本ロレックスでは、ロレックスの時計の研磨のみにも対応しています。

料金は、素材(ステンレス・ゴールド・プラチナ)や傷の程度によって異なりますし、時計の状態によってはオーバーホールが必要な場合もあるため一概には言えません。

また、窓口となる取扱店によっては手数料を取られることもあるようです。

なので、費用を最小限に抑えるためには、ロレックスのサービスセンターもしくはサービスカウンターに一度相談することをおすすめします。

※最寄りのサービスセンターとサービスカウンターはこちらで検索できます。

尚、以前日本ロレックスに研磨の見積依頼をしたことがある人の話によると、ケース研磨は18,000円、ブレス研磨は14,000円と言われたそうです(時計の素材はステンレス)。

トータルで32,000円ということですが、正直この金額は割高だと思います。

というのも、日本ロレックスではオーバーホールの際に研磨(新品仕上げ)が標準サービスになっているため、オーバーホールの際に一緒にやってもらった方がまず間違いなくお得なはずです。

ちなみに、日本ロレックスのオーバーホール料金は43,000円~となっています。

【関連記事】

このページでは、 日本ロレックスのオーバーホール料金 日本ロレックスのオーバーホールに並行差別はあるのか? 日...

研磨の回数は5回が限度?

ロレックス 研磨 回数 何回まで

高い防水性能を誇るロレックスのオイスターケースは、肉厚なつくりになっています。

その分、1度や2度の研磨では性能が変わることはないのですが、それでも限度は5回までだと言われています。

日本ロレックスでは、研磨のしずぎで防水性能が低下している時計については、それ以上研磨してくれることはありません。

そればかりかケース交換を勧められ、交換しない場合はメンテナンス自体を受け付けないこともあるようです。

日本ロレックスで研磨ができないケース

ロレックス 研磨 回数 何回まで

上記の研磨のしすぎ以外にも、日本ロレックスでは研磨ができないケースがあります。

それは、文字が入っている部分についてです。

具体的には、刻印がある裏蓋や、デイトナやエクスプローラーⅡのベゼルなど。

よって、ベゼルの傷が気になる場合は、研磨ではなく交換になるようです。

【おすすめの記事】

ロレックスやオメガをはじめとする高級機械式時計は、修理やオーバーホールさえ怠らなければ一生モノとして使い続けることができます。 こ...

ロレックスの研磨痩せの見分け方

ロレックス 研磨 回数 何回まで

アンティークロレックスや中古品を購入する際には、研磨痩せがないかを必ずチェックするべきです。

研磨痩せが一番わかりやすいのはラグの部分なので、まずはラグの形状をチェックしましょう。

ちなみにラグとは、ケースと一体になったブレスを固定する部分のことです。

研磨痩せしたラグというのは、見た目に細く貧相な形状をしています。

ただ、旧型のロレックスは現行品と比べると元々のラグの形状が細くつくられているため、素人目には判断が付かないかもしれません。

ロレックスは研磨すると価値が落ちるのか?

ロレックス 研磨 回数 何回まで

上で述べてきたように何度も研磨した場合には、少なからず価値は落ちてしまいます。

ただ、通常使用で出来た軽い傷を一度研磨しただけなら、殆ど価値に影響はないといっていいでしょう。

なぜなら、実際に店頭に並ぶロレックスの中古品も、その多くが前オーナーから買い取った後に研磨されているからです。

そもそも、研磨することで価値が落ちるなら、お店だってわざわざ手間をかけて研磨はしないはずです。

なので、研磨するにしてもしないにしても、あまり深く考えなくても良いのではないでしょうか。

新品仕上げの満足度が高い!【シエン】


オーバーホールと同時申し込みで、新品仕上げがサービス価格7,000円(税抜)~
安心の1年間品質保証付き、オーバーホールの納期が約3週間など、充実したサービスと迅速な対応が売りの時計修理専門店。
 
【全国対応】シエンの公式サイト

⇒シエンの評判に関する記事はこちら!

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績25,000本以上 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

動かない、壊れた時計でも高く売れる!?

時計 オーバーホール おすすめ ランキング 「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・」
「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・」
そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。
次のような状態でも、ブランド時計なら高く売れる可能性があります。
 
  • オーバーホールをしていない
  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

【全国対応】壊れた時計の買取でおすすめの業者3選

No.1「時計査定の窓口」

簡単で早い一括査定!
時計査定の窓口は、最大8社の買取価格を比較できる一括査定サービスです。 入力にかかる時間はわずか30秒。 査定結果は最短当日に比較可能です。 登録企業は一流有名店から、時計買取専門店まで多彩な顔ぶれ。 査定に納得できなければ当然お断りも可能ですし、お断り連絡の代行サービスもあり。 最初から最後まで完全無料で利用できます。
「時計査定の窓口」公式サイト
 

No.2「ブランドファイン」

壊れたロレックスの買取が得意!
ブランドファインは、壊れたロレックスの買取に自信あり! 壊れていないロレックスや他のブランド時計の買取にも対応していますが、特に壊れたロレックスをお持ちであれば要チェックの買取店です。 ブラドファインは自社に修理工房があり、多数の部品在庫も取り揃えているため、買取品のメンテナンスコストを抑えることが可能。 さらに独自の販売ルートを構築しており、買取と販売の実績も豊富なため、壊れたロレックスの価値を正確に導き出すことができるようです。
「ブランドファイン」公式サイト
 

No.3「時計買取.biz」

訳あり品でも高価買取!
時計買取.bizにお任せすれば、時計業界熟練者たちから成る最大10社による比較査定が受けられます。 最高値のみを提示してくれるので、ユーザーは買取価格を比較する必要がありません。 簡単買取パック(無料)は万一物損事故が起きても最高1000万円までの補償を備えているので、宅配買取も安心。 振込の早さは業界最速級! 15時までに買取が成立すれば、当日中に入金されます。
「時計買取.biz」公式サイト


⇒時計査定の窓口、ブランドファイン、時計買取.bizの詳細はこちら!

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関する情報は、当サイトが独自に調査しまとめたものです。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、最新の情報に関しては各企業のHPなどをご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サブマリーナのオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

デイトジャストのオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

東京でロレックスのオーバーホール料金が安い時計修理店ランキング!新宿・中野・上野...

ロレックスが水没したら!修理はどこに?修理代はいくらかかる?

ロレックスのリューズ交換料金、修理代はいくら?日本ロレックスに直接依頼することは...

ロレックスのオーバーホールの時期や頻度の目安は何年?いつが最適?