料金に釣られて時計のオーバーホールをしない方がいい理由

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

メーカー(正規代理店)によるオーバーホールには絶対的な安心感がある反面、料金が高めなのが最大のネックです。

そのため、料金を出来るだけ安く済ませるために一般の時計修理店を選ぶ人は決して少なくありません。

ただ、「格安」などの言葉に釣られて料金だけで選んでしまうのは非常に危険です。

後々の後悔にも繋がりかねません。

安いのにはそれなりの理由があると、端から疑ってかかるくらいの慎重さが必要でしょう。

時計修理店なら、必ず優良店を選ばなければいけません。

では、優良店とは何か?

以下にポイントをまとめてみました。

【おすすめの記事】

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

オーバーホールや修理実績が多いか?

単純な話ですが、オーバーホールや修理の実績が多いということは、それだけ経験が豊富だということです。

また、多くのユーザーから支持されている証拠でもあり、必然的に規模の大きな企業でなければそうはならないはずだといえます。

小規模の時計修理専門店でも、腕利きの職人さんが経営していて評判の良いところはあるかもしれません。

ただ、高額な機材を複数必要とする時計修理においては、ある程度規模の大きなところを選ぶべきだと個人的には思います。

1級時計技能士が対応しているか?

時計技能士という国家資格があります。

時計技能士には1級~3級まであり、 高い技能と知識が無ければ 1級時計技能士の資格は取得できません。

格安を謳う時計修理店には、この1級時計技能士が不在の場合が十分に考えられます。

怪しいなと感じたら、事前に「オーバーホールは 1級時計技能士に対応してもらえますか?」と、問い合わせてみると良いでしょう。

メーカー純正部品を使用しているか?

オーバーホールの際、劣化や摩耗を起こしているなど、交換が必要な部品が見つかることは多々あります。

その場合、純正部品を使っているかは非常に重要なポイントです。

格安を謳う時計修理店では、代用品で済まされてしまうリスクも十分に考えられます。

代用品が使われた時計は改造品と見なされ、メーカーでのメンテナンスは「受付不可」となる可能性が高いです。

逆に純正の部品で修理された時計には、メーカーからクレームが付くことは当然ですがありません。

末永く愛用したい時計であれば尚更のこと、純正部品にこだわる必要があるのです。

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保証を比較する前に時計はオーバーホールしない方がいい!

時計の修理オーバーホールをメーカー(正規代理店)に依頼するメリットとデメリット

オーバーホールしない時計を売却したのは資産にならないと判断したから

ロレックス(機械式時計)をオーバーホールしないとどうなるか解説!