ハミルトンの時計の修理費用やオーバーホール料金・並行差別の有無について

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
ハミルトンの時計の修理やオーバーホールを検討中ですか?
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

ハミルトンの時計の修理やオーバーホールを検討中なら、例えば次のようなことが気になりませんか?

「並行差別があるのか?」

「メーカー(正規代理店)に依頼した場合の料金はいくらか?」

「格安でやってくれる時計修理店はないのか?」

などなど。

このページでは、そんなハミルトンの時計の修理やオーバーホールをする際に「予め知っておいた方が良いこと」についてまとめています。

ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事】

ハミルトンカーキの修理やオーバーホールをする場合、その依頼先は大きく分けると次の2つです。 メーカー(正規代理店) ...

ハミルトンに並行差別はあるのか?

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

結論から言うと、ずばりハミルトンには並行差別がありません。

おそらくこれは、ハミルトンの正規代理店である『スウォッチグループ』の意向によるものだと思われます。

余談ですが、スウォッチグループ傘下のブランドには、ハミルトンの他に、ブレゲ、ブランパン、オメガ、ロンジンなどがありますが、それらも全て並行差別がありません。

よって、時計が本物でさえあれば、正規品・並行輸入品問わず、スウォッチグループの対応は平等。

サービス内容やオーバーホール料金などに、差が付くことはありません。

ハミルトンのオーバーホールの適切な時期や頻度は?

クォーツは別としても、手巻きや自動巻きのモデルであれば、最低でも5年に1度はオーバーホールをするべきです。

ちなみに、スウォッチグループでは4年前後でのオーバーホールを推奨しています。

なぜ、4年ないし5年でオーバーホールをするのかというと、それは大体その位の年月が経つと機械内部の「油切れ」が起きるからです。

元々ムーブメントの至る箇所には、各パーツがストレス無く可動するように潤滑油が塗布されています。

この潤滑油は、あまり使用されていない時計であっても、経年によって気化し、やがて干上がってしまうといわれています。

仮に干上がった状態で時計を使い続ければ、パーツ同士の摩擦が激しくなるため、やがてそれらには摩耗や劣化といった深刻な症状が出てくるはずです。

それらを未然に防ぎ、時計を出来るだけ長く使うためには、油切れをケアするためのオーバーホールは必須なのです。

【おすすめの記事】

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

ハミルトンの正規オーバーホール料金は?カーキやジャズマスターの価格が気になる!

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

オーバーホールで最も気になることといえば、やはり料金ではないでしょうか?

スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホール料金については、こちらをご参照ください。

料金設定については、カーキやジャズマスターといった『モデル別』ではなく、『機構別』になっています。

オメガなどに比べて時計自体が安価なせいか、スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホール料金も、ブランド時計にしてはとてもリーズナブルな印象です。

にも関わらず、オーバーホール後2年間の保証が付くのは、かなりユーザー寄りの対応と言っていいのかもしれません。

スウォッチグループではハミルトンの研磨は不可?

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

ただ、スウォッチグループによるオーバーホールで1つ注意したいのは、ハミルトンの時計はポリッシュ(研磨)サービスの対象外ということです。

スウォッチグループのサイトには、ポリッシュについて

※ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケドロー、オメガ、ロンジンのみの対応です。
出典:SWATCH GROUP AFTER SERVICE

と書かれています。

なので、ケースやブレスに傷があっても、ハミルトンの時計はスウォッチグループでは綺麗にしてもらうことができません。

傷を綺麗にしたいのであれば、一般の時計修理店を当たってみましょう。

おすすめの時計修理店

前述の通り、スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホールはとてもリーズナブルです。

ただ、「もっとリーズナブルに」ということであれば、『WATCH COMPANY』という時計修理店がおすすめです。

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

【WATCH COMPANY】のオーバーホール料金はこちら

WATCH COMPANYなら、もちろんハミルトンの時計のポリッシュも可能(※ポリッシュはオプションサービス)。

ユーザーの希望でポリッシュを「する・しない」が選べるのは良いですね。

また、上記以外のWATCH COMPANYのメリットとしては、オーバーホールの納期がとても早いこと。

スウォッチグループが通常1~2ヶ月であるのに対し、WATCH COMPANYは約2週間と迅速です。

逆にデメリットとしては、保証期間が短いこと。

スウォッチグループは2年であるのに対し、WATCH COMPANYは1年です。

以上のように、それぞれにメリットとデメリットがあるのは事実です。

ただ、オーバーホールとポリッシュを同時にしたい場合には、WATCH COMPANYはとても良い選択肢だといえるでしょう。

尚、料金だけでいえばWATCH COMPANYよりもさらに安い時計修理店は他にあるのかもしれません。

ここでは料金の安さに加え、修理実績や知名度、サービス内容など総合的におすすめできる時計修理店として、WATCH COMPANYを紹介しています。

⇒WATCH COMPANYの詳細はこちら

【関連記事】

飯田橋に本社を構える『WATCH COMPANY』には、1ヶ月に2,000本以上、1年間では25,000本以上もの時計の修理依頼があるそ...
【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハミルトンカーキ(手巻き・自動巻き)のオーバーホール料金や修理事例を調査!