ハミルトンの時計の修理費用やオーバーホール料金・並行差別の有無を解説!

【PICK UP!】時計修理専門店 オロロジャイオ 時計 オーバーホール おすすめ ランキング
経験10年~30年の技能士だけが在籍
オーバーホール料金
ロレックス自動巻き:税込22,000円~
オメガ自動巻き:税込19,800円~

【全国対応】オロロジャイオの公式サイト

⇒オロロジャイオの口コミ・評判はこちら

T.A.

T.A.
ハミルトンの時計の修理やオーバーホールについて、次のようなことが気になっていませんか?

⇒当サイトの管理人「T.A.」とは

「修理やオーバーホールの依頼先としては、どんな選択肢がある?」

「並行差別はある?」

「メーカー(正規代理店)に依頼した場合に料金はどの位かかる?」

「格安でやってくれる時計修理店はない?」

などなど。

このページでは、そんなハミルトンのメンテナンスに関するアレコレについて、1つずつ丁寧に解説していきます。

ぜひ、気になる部分だけでもご参考になさってください。

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

ハミルトンのオーバーホールの適切な時期や頻度は?

クォーツは別としても、手巻きや自動巻きのモデルでしたら、最低でも5年に1度のオーバーホールをおすすめします。

スウォッチグループでも、約5年ごとのオーバーホールを推奨しています。

では、なぜ5年くらいでオーバーホールをした方が良いのでしょうか?

それは、手巻きや自動巻きのモデルは、長期間使い続けることで潤滑油やパッキンが劣化し、部品が摩耗してしまうからです。

そのような状態を放置していると、やがて精度不良、防水性の低下、内部への汚れや湿気の侵入といった様々な不具合が生じるようになります。

また、元々ムーブメントの至るところには、各パーツがストレス無く稼働するように潤滑油が塗布されているのですが、この潤滑油は全く使用していない時計であっても経年によって気化し、やがて干上がってしまいます。

そのため、仮に使用頻度が低く、見た目も新品のような時計であっても、最低限油切れをケアするためのオーバーホールはした方が良いということになります。

むしろ、「オーバーホールをしないと、手巻きや自動巻きのモデルは長く愛用できない」と断言しても良いくらいです。

精度は日差何秒でオーバーホールが必要?

購入後または前回のオーバーホールから5年未満でも精度が悪くなってきたら、それはオーバーホールをするべきタイミングなのかもしれません。

その際に目安となるのが時計の日差です。

時計の日差は、クォーツと機械式では大きく異なります。

ハミルトンの時計の場合は、日差が以下の範囲内であれば正常といえます。

  • クォーツ:日差-0.5秒~+0.7秒
  • 機械式(ノンクロノメーター):日差-10秒~+15秒
  • 機械式(クロノメーター認定):日差-4秒~+6秒

※アンティークやヴィンテージなど古い時計は例外です。

尚、時計の精度は使用環境や温度、身に付ける人の着用習慣や姿勢によっても変化するものです。

そのため、もし上記の範囲内にギリギリ収まらなかったとしても、それ程気にする必要はないでしょう。

逆に上記の範囲内から大きく外れている場合は、時計の内部に何らかのトラブルが起きている可能性が高く、オーバーホールは必須といえます。

但し、クォーツについては、単なる電池切れの可能性もあります。

ハミルトンの電池の寿命は、大体2年~5年くらいです。

電池切れの場合、秒針がある時計なら4秒刻みで動くようになるので、それが電池の寿命が尽きるサインになります。

電池の寿命が尽きたら液漏れを起こす前に、なるべく速やかに電池を交換しましょう。

放っておくと、液漏れによってムーブメントが再起不能に陥るという最悪の事態にもなりかねません。

ハミルトンに並行差別はある?

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

結論から言うと、ハミルトンには並行差別はありません。

おそらくこれは、ハミルトンの正規代理店である「スウォッチグループ」の意向によるものだと思われます。

余談ですが、スウォッチグループの傘下にはハミルトンの他に、ブレゲ、ブランパン、オメガ、ロンジンなどのブランドがありますが、それらも全て並行差別はありません。

よって、時計が本物でさえあれば、正規品・並行輸入品問わず、スウォッチグループの対応は全て平等。

サービスの内容や料金に差が付くことはありません。

スウォッチグループに修理やオーバーホールを依頼する方法

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

ハミルトンの修理やオーバーホールをする時に、近所の時計店に持ち込むという方法があります。

ただ、その場合はおそらくいくらかの手数料がかかると思います。

もし余分な手数料を支払わずに、しかも自宅にいながらオーバーホールを依頼したいなら、スウォッチグループが用意している「ピックアップサービス」を利用すると良いでしょう。

ピックアップサービスは、往復の送料も梱包資材も無料です。

ピックアップサービスの詳細については、こちらで確認できます。

また、全国5ヵ所にある正規カスタマーサービスを利用するという方法もあります。

※表の全体が表示されない場合は、横方向にスクロールしてください。

【札幌】札幌時計サービスセンター

住所 〒060-0061
札幌市中央区南一条西3丁目8 札石ビル5F
電話 011-241-3002
営業時間 9:30~18:00(平日のみ)

【東京】東京カスタマーサービス

住所 〒104-8188
東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター5-7F
電話 03-6254-7350
営業時間 11:00~20:00(月~土)
11:00~19:00(日、祝祭日)
※定休日は不定休

【名古屋】中部時計サービスセンター

住所 〒460-0008
名古屋市中区栄5-4-5 モントルビル3F
電話 052-243-6591
営業時間 9:30~18:00(平日のみ)

【大阪】大阪カスタマーサービス

住所 〒542-0081
大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル1F
電話 06-7739-0992
営業時間 11:00~20:00
※定休日は不定休

【福岡】スイス時計サービスセンター

住所 〒810-0001
福岡市中央区天神3-14-31 天神リンデンビル4F
電話 092-731-6611
営業時間 9:30~18:00(平日のみ)

近隣にお住まいでしたら、正規カスタマーサービスに直接持ち込むことも可能です。

ハミルトンの正規オーバーホール料金は?カーキやジャズマスターのメンテナンス料金は?

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

オーバーホールで最も気になることといえば、やはり料金ではないでしょうか?

スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホール料金については、こちらをご参照ください。

料金設定については、カーキやジャズマスターといった「モデル別」ではなく、「機構別」になっています。

オメガなどに比べて時計自体が安価なせいか、スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホール料金は、ブランド時計としてはかなりリーズナブルな印象です。

にも関わらず、オーバーホール後2年間の保証が付くのは、かなりユーザー寄りの対応と言えるかもしれません。

スウォッチグループではハミルトンの研磨は不可?

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

スウォッチグループによるオーバーホールで注意したいことが1つあります。

それは、ハミルトンの時計はポリッシュ(研磨)サービスの対象外ということです。

スウォッチグループのサイトには、ポリッシュについて

※ブレゲ、ブランパン、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケドロー、オメガ、ロンジンのみの対応です。
出典:SWATCH GROUP AFTER SERVICE

と書かれています。

つまり、ハミルトンは対象外です。

そのため、ケースやブレスに傷があっても、ハミルトンの時計はスウォッチグループでは研磨によってキレイにしてもらうことができません。

もし傷をキレイにしたいのでしたら、街の時計修理店に相談してみましょう。

おすすめの時計修理店

前述の通り、スウォッチグループによるハミルトンのオーバーホールはとてもリーズナブルです。

ただ、もっとリーズナブルにということでしたら、「WATCH COMPANY」という時計修理店を検討してみてはいかがでしょうか。

ハミルトン 時計 修理 オーバーホール 料金 並行差別

【WATCH COMPANY】のオーバーホール料金はこちら

WATCH COMPANYなら、ハミルトンの時計のポリッシュももちろん可能です(※ポリッシュはオプションサービスになっています)。

オプションサービスだから、ユーザーの希望でポリッシュを「する・しない」が選べるのは良いですね。

また、上記以外のWATCH COMPANYのメリットとしては、オーバーホールの納期がとても早いことです。

スウォッチグループが通常1~2ヶ月であるのに対し、WATCH COMPANYは約2週間ととても迅速。

逆にデメリットとしては、保証期間が短いことです。

スウォッチグループは2年であるのに対し、WATCH COMPANYは1年です。

以上のように、それぞれにメリットとデメリットがあることは、事前によく理解しておきたいところです。

もしオーバーホールとポリッシュを同時にしたい場合は、特にWATCH COMPANYは良い選択肢になるでしょう。

ただ、料金だけでいえば、WATCH COMPANYよりもさらに安い時計修理店は他にあるかもしれません。

ここでは料金の安さに加えて、修理実績や知名度、サービス内容などを総合的に判断した上で、WATCH COMPANYをおすすめの時計修理店としてご紹介しました。

⇒WATCH COMPANYの詳細はこちら

【関連記事】

ウォッチカンパニー(WATCH COMPANY)は、年間25,000件以上という豊富な修理実績を誇る時計修理専門店です。 ウォッチカンパニ...
【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
25,300円(税込)~ 19,800円(税込)~
納期 約2週間 約4~8週間
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績25,000本以上 料金設定がリーズナブル
総合評価 5.0 4.7
その他詳細 WATCH COMPANYの詳細 オロロジャイオの詳細
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

動かない、壊れた時計でも高く売れる!

時計 オーバーホール おすすめ ランキング 「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・」
「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・」
そう思ったら、「売却」も検討してみてはいかがでしょうか。
次のような状態でも、ブランド時計なら高く売れる可能性があります。

  • 10年以上オーバーホールをしていない
  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計の価値がすぐにわかる!おすすめの一括査定サービス

ネットで簡単!「1番高い」がきっと見つかる!
ウリドキ 時計査定の窓口
【利用料】無料
【査定社数】最大10社
【査定士登録数】135人
【査定実績】1400万件以上
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒ウリドキ
【利用料】無料
【査定社数】最大8社
【提携買取店】400社突破
【利用者数】10万人突破
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒時計査定の窓口

時計を売るなら必見のサイト

10万円以上損しないためのノウハウはこちら

【お願い】
各企業の料金やサービス内容に関する情報は、当サイトが独自に調査しまとめたものです。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、最新の情報に関しては各企業のHPなどをご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ハミルトンカーキ(手巻き・自動巻き)のオーバーホール料金や修理事例を調査!