ロレックスのオーバーホールの時期や頻度の目安は何年?いつが最適?

【PICK UP!】時計修理専門店 オロロジャイオ 時計 オーバーホール おすすめ ランキング
経験10年~30年の技能士だけが在籍
オーバーホール料金
ロレックス自動巻き:税込22,000円~
オメガ自動巻き:税込19,800円~

【全国対応】オロロジャイオの公式サイト

⇒オロロジャイオの口コミ・評判はこちら

T.A.

T.A.
ロレックスはどのくらいの頻度でオーバーホールをするのが良いのでしょうか?

⇒当サイトの管理人「T.A.」とは

おそらく、ロレックスのオーバーホールの頻度については、至るところで様々な意見を聞いたことがあるかと思います。

人によっては、

「3年に1度はした方が良い」

「5年に1度はする必要がある」

「10年に1度で大丈夫」

などなど。

色々なことを言う人がいて「一体どれが正しいの?」と、悩んでしまうかもしれませんね。

しかし、この疑問に対する答えとしては、一概に「コレが正解」と言えるものは残念ながらありません。

なぜなら、「時計はそれぞれ使用頻度や使用環境が異なるから」です。

ただ、その一言で片付けてしまっては、身も蓋もありませんよね。

ロレックスのオーナーでしたら、せめてオーバーホールが必要となる目安や考え方についてだけでも、予め知っておきたいところです。

ということで、以下にその目安や考え方について解説していきます。

オーバーホールの頻度に関する日本ロレックスの見解

T.A.

T.A.
私の記憶が正しければ、これまで日本ロレックスはオーバーホールの頻度について「4~5年に1度」を推奨していたと思います。

しかし、現在日本ロレックスのHPを見ると、

モデルや使用状況により、頻度は異なりますが、およそ10年以内にオーバーホールを受けることをおすすめしています。
出典:https://www.rolex.com/ja/services/faq.html

と記載があります。

いつのまにか、メーカーとしての見解が変わったのでしょうか(笑)

その理由については、例えば、ムーブメントの性能や潤滑油の質が向上したことにより「オーバーホールのサイクルが飛躍的に伸びたから?」という風に想像出来なくもないですが・・・

と言っても、コレはあくまで想像に過ぎません。

その真意については、全くもって不明です。

ただ、「10年」を鵜呑みにしてしまうのは、少し危険なのではないでしょうか。

理由は上に書いた通り。

そもそも、日本ロレックスも「およそ10年以内」と、何やら含みを持たせた書き方をしています。

使用頻度が高いロレックスは3年に1度もアリ?

ロレックスの時計を週5日、仕事で毎日使う人もいるでしょう。

中にはオンオフ問わず、週7日使う人もいるかもしれません。

そのような使用頻度の高い時計ほど、機械内部の部品の劣化や摩耗は早く進みます。

そのため、早ければ3~4年のうちに、時計が何らかの不具合を起こす可能性は十分に考えられます。

それを未然に防ぎたければ、例えば「3年に1度必ずオーバーホールをする」と決めてしまうのも1つの手です。

よく、オーバーホールの頻度が高ければ、それだけメンテナンスコストが高く付くと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

オーバーホールを先延ばしにすることで、それこそ部品の劣化や摩耗が進み、結果として諸々の部品交換が必要な修理(=多額の出費)に繋がることもあります。

不具合を未然に防ぐか、それとも不具合が出てからで良いと考えるのか。

また、時計を長く使いたいか、そうでないかによっても、対応は異なるはずです。

全てはオーナの考え方次第で、正解はありません。

【おすすめの記事】

ウォッチカンパニー(WATCH COMPANY)は、年間25,000件以上という豊富な修理実績を誇る時計修理専門店です。 ウォッチカンパニ...

使わないロレックスでもパッキンの劣化と油切れは避けられない

あまり使わないロレックスの時計であっても、パッキンの経年劣化は避けられない問題です。

パッキンは使用しなくても経年によって硬化(=劣化)するため、定期的な交換をしなければ時計本来の防水性能を維持することはできません。

機械内部に塗布されている潤滑油も同様に、経年によって徐々に干上がってしまうため、定期的な塗り直しが必要です。

潤滑油が干上がった状態で時計を使えば、部品同士が擦れ合い、やがて損傷へと繋がっていきます。

このように、あまり使わない時計であっても、不具合を未然に防ぐには、やはり定期的なオーバーホールが必要になってきます。

ロレックスのオーバーホールは5年に1度がベスト?

ネットで色々と情報を集めていると、

「10年以上オーバーホールしていないが、特に不具合は無い」

「オーバーホールは時計が止まってから出せば良い」

といったような声を、少なからず目にすることは事実です。

その一方で、

「4年に1度必ずオーバーホールしている」

「オーバーホールは少なくとも5年に1度はするべき」

といったような声も多く、オーナーによってオーバーホールに対する考え方は本当に様々であることがわかります。

T.A.

T.A.
ちなみに、強いて言うなら
「オーバーホールの頻度は5年に1度がベスト」
というのが、私個人の意見です。

理由は、いくら屈強なロレックスの時計であっても、さすがに5年も経てば、潤滑油の枯渇やパッキンの劣化などが多少なりとも出てくるだろうと考えているからです。

5年に1度の頻度でしたら、部品の劣化や摩耗は少なく、気持ち的にも安心して使い続けられるのではないでしょうか。

10年に1度、あるいは時計が動かなくなってからオーバーホールするというのも、それはそれでアリだと思います。

ただ、その場合はオーバーホールというよりも「修理」になる可能性が高く、費用もそれなりに高額になることは予め覚悟しておくべきでしょう。

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
25,300円(税込)~ 19,800円(税込)~
納期 約2週間 約4~8週間
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績25,000本以上 料金設定がリーズナブル
総合評価 5.0 4.7
その他詳細 WATCH COMPANYの詳細 オロロジャイオの詳細
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

動かない、壊れた時計でも高く売れる!

時計 オーバーホール おすすめ ランキング 「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・」
「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・」
そう思ったら、「売却」も検討してみてはいかがでしょうか。
次のような状態でも、ブランド時計なら高く売れる可能性があります。

  • 10年以上オーバーホールをしていない
  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計の価値がすぐにわかる!おすすめの一括査定サービス

ネットで簡単!「1番高い」がきっと見つかる!
ウリドキ 時計査定の窓口
【利用料】無料
【査定社数】最大10社
【査定士登録数】135人
【査定実績】1400万件以上
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒ウリドキ
【利用料】無料
【査定社数】最大8社
【提携買取店】400社突破
【利用者数】10万人突破
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒時計査定の窓口

時計を売るなら必見のサイト

10万円以上損しないためのノウハウはこちら

【お願い】
各企業の料金やサービス内容に関する情報は、当サイトが独自に調査しまとめたものです。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、最新の情報に関しては各企業のHPなどをご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

エクスプローラー1のオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

シードゥエラーのオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

デイトジャストのオーバーホール価格や料金目安、修理事例を調査!

東京でロレックスのオーバーホール料金が安い時計修理店ランキング!新宿・中野・上野...

古いロレックスの修理やオーバーホールについて!日本ロレックスの対応は?

日本ロレックスのオーバーホール料金や期間、並行差別の有無を調査!