手巻き時計が止まる・動かないは修理が必要?よくある不具合を紹介!

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
手巻き時計が動かない・・・。
最近、直ぐに止まるようになってしまった・・・。
そんなトラブルはありませんか?

こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

このページでは「止まる」「動かない」といった、手巻き時計にとっては致命的ともいえるトラブルが発生した場合のよくある原因についてまとめています。

修理が必要な場合と、そうでない場合のそれぞれの対処方法についても書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

手巻き時計が動く仕組み

まずはじめに、手巻き時計はどのような仕組みによって動いているのか?

あまり気にしたことがなければ、この機会に極々基本的な部分だけでも理解してみてはいかがでしょうか?

手巻き時計や自動巻き時計など、いわゆる「機械式時計」と呼ばれるものは全て『ゼンマイ』を動力源にして動いています。

手巻き時計は、ケースの外側についた『リューズ』という部品を直接手で回すことでこのゼンマイを巻き上げています。

一方、自動巻き時計は、ケース内部の『ローター』という部品が、腕に嵌められた時計の動きによって回転し、その力が歯車に伝達されることでゼンマイが巻き上げられる仕組みになっています。

どちらも、巻き上げられたゼンマイが解ける力によって時計が動く、といった点は同じ。

両者の違いは、簡単に言えば「ゼンマイを巻き上げる仕組みが違う」ということ。

手巻き時計は自動巻き時計に比べて、構造がシンプル且つ部品点数も少ないため、製造コストもメンテナンスコストも安く済むといった特徴があります。

【おすすめの記事】

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

手巻き時計が止まる・動かない原因

手巻き時計が「止まる」「動かない」といった時には、必ず何かしらの原因があるものです。

それも1つではなく、いくつかの原因が考えられるし、場合によっては複数の原因が同時に影響していることも。

ここでは、中でも「特にありがちな5つの原因」について解説したいと思います。

巻き上げが足りない

「何だか駆動時間が短い気がする。」

「朝出かける前にリューズを巻いたのに、夕方になると止まってしまう。」

こんな時は、巻き上げ不足が原因かもしれません。

リューズは、ゆっくりとあまり力を入れずに、止まるまで(巻き終わりまで)巻き上げます。

ネットには「巻き上げ回数は40~50回」といったような書き込みも見られますが、巻き終わりの状態は時計によって異なるため、回数はあまり関係がありません。

単に巻き上げ不足が原因であれば、修理は必要ありません。

潤滑油が切れている

元々、時計の内部(ムーブメント)には、各部品が滑らかに動くように潤滑油が塗布されています。

この潤滑油は、使用や経年劣化によって、やがて汚れたり干上がったりしてしまいます。

あまり使っていない時計であっても、約5年で潤滑油は干上がってしまうといわれています。

このように、潤滑油が汚れたり干上がった状態で時計を使い続けると、精度不良や止まりといった不具合が出てきます。

それは同時に、各部品の摩耗や損傷をも引き起こすため、速やかにムーブメントの洗浄や再注油を目的としたオーバーホールが必要になってきます。

ゼンマイが切れている

動力源であるゼンマイが切れてしまえば、当然ですが時計は正常に作動しません。

ゼンマイは必要以上に巻き上げ過ぎたり、力任せにリューズを回すと、金属疲労によって切れてしまうことがあるようです。

しかし、そのようなケースは稀で、大抵は潤滑油が切れた状態で使い続けた結果です。

元の状態に戻すためには、オーバーホールと同時にゼンマイ交換が必須になります。

歯車が摩耗・破損している

これも元の原因は、ゼンマイ切れと同じ。

潤滑油が汚れたり干上がってしまった状態を放置した結果といえるでしょう。

歯車の摩耗や破損が重症化すると、破損した部分が他の部品を傷つけることによって、さらに被害が拡大することも。

それを知っていれば、このまま時計を使い続けようとは思わないでしょう。

速やかにオーバーホールと、摩耗や破損が見られる部品を交換する必要があります。

水やゴミが侵入している

時計の裏蓋やリューズには、防水性を高め維持するためにパッキンが使われています。

しかし、このパッキンも経年によって硬化(=劣化)してしまうため、5年前後を目安に交換を行うべきです。

パッキンは元々弾力性に富んだ性質により水や湿気の侵入を防いでいますが、硬化してしまうことでその気密性は失われてしまいます。

気密性が低下すると、時計内部の錆びや腐食、また外部から微細なゴミや埃が侵入することで、それらが部品の損傷や劣化を引き起こします。

よって、パッキンも潤滑油と同様に、定期的なオーバーホールを実施することで、劣化を防ぐ必要があります。

修理が必要なケースの料金目安

手巻き 時計 止まる 動かない 修理

ブランドやムーブメントの種類によって、当然ですがメンテナンスにかかる料金は違ってきます。

よって、ざっくりとですが、街の時計修理店でオーバーホールをする場合には、次の金額が目安になります。

  • 国産手巻き:10,000円~
  • 舶来手巻き:20,000円~

運良くオーバーホール(ムーブメントの分解、洗浄、注油、組立)のみで、手巻き時計が「止まる」「動かない」といった不具合が解消されることもあるでしょう。

しかし、多くの場合は、

  • ゼンマイ交換
  • パッキン交換
  • その他歯車等の交換

などが、オーバーホールと同時に必要になってきます。

その場合、上記金額にプラスして、数千円~数万円の出費は覚悟しなければいけません。

手巻き時計のオーバーホールも、やれば必ずお金がかかるので「出来るだけ先延ばしにしたい」というのが、多くの方の本音ではないでしょうか。

しかし、先延ばしにすればするほど、時計には負荷がかかるし、後々の修理も大掛かりなものになってしまいます。

そういった事態を避けるためには、本来は「止まる」「動かない」といったトラブルの前に、定期的なメンテナンスを実施するのが理想的です。

【おすすめの記事】

ロレックスの修理価格が安いオロロジャイオの評判や口コミ、特徴を調査!

年間修理実績25,000本以上の『WATCH COMPANY』が選ばれる理由とは?

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時計の傷は味と思って気にしない?かっこいい時計の使い方とは・・・

ロレックス(機械式時計)をオーバーホールしないとどうなるか解説!

時計の傷や打痕は研磨するべき?修理、修復のおすすめは?

リューズが閉まらない原因は?修理の前にチェックすべきこと

自動巻きの腕時計が止まる原因は?修理が必要な場合と不要な場合を解説!

時計が遅れる原因は?機械式なら修理やオーバーホールが必要か?