時計の傷や打痕は研磨するべき?修理、修復のおすすめは?

【キャンペーン中!】時計修理専門店 オロロジャイオ 時計 オーバーホール おすすめ ランキング
期間限定(2021.10.1~10.31)
タグホイヤー機械式
オーバーホール基本料金2,000円引き(税別)

【全国対応】オロロジャイオの公式サイト


⇒オロロジャイオの口コミ・評判はこちら

実用品である時計にとって傷は付き物。

そのため、付いてしまった傷は気にしないのが一番ですが、そうはいっても気になって仕方がない・・・

そういったことも、往々にしてあるかと思います。

そこでこのページでは、時計に付いた傷の修理や修復方法について解説したいと思います。

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

そもそも時計は研磨すればキレイになるのか

素材がステンレスやプラスチックの時計に関しては、研磨すればある程度はキレイになります。

しかし、大きな傷や打痕に関しては、取り切れないことも多々あります。

そもそも、研磨とは削ることです。

やり過ぎは時計自体の変形に繋がり、せっかくのデザインが崩れてしまうことにもなりかねません。

それだけでなく、場合によっては時計の防水性の低下に繋がってしまうことも。

そのため、研磨をする場合は程々に。

くれぐれも、気にし過ぎて癖にならないように注意しなければいけません。

ちなみに、素材がチタンの場合は、研磨するのが非常に困難。

時計修理の専門店でも、チタンの研磨を受け付けているところは限られています。

時計を自分で研磨することは可能?

表面の極浅い傷でしたら「ステンレス磨き」「コンパウンド」で磨くことは可能です。

それらはホームセンターや、Amazonなどでも入手できます。

ただ、自分で磨く場合に「新品のような仕上がり」を過度に期待するのはやめておきましょう。

誤ってポリッシュ部分に使用すると、逆に磨き傷が付いてしまいます。

マットな部分に使用すると、変に艶が出てしまう恐れがあります。

よって、買ったばかりの新しい時計には使わないのが無難です。

自分でやるにはそのようなリスクがあることは、予め理解しておく必要があります。

失敗したくなければプロに任せるべき

時計の研磨は一見簡単そうに見えるのですが、実は大変な技術を要する作業です。

ステンレスと一口に言っても、 ヘアラインや梨地仕上げなど研磨の仕方は様々ですし、それら技術を完成形をイメージしながら完璧に操ることができる職人というのは、実はプロの中にもそう多くいません。

「失敗したくない・・・」「できるだけ新品の状態に近づけたい・・・」

そうお考えでしたら、やはり信頼できるプロに全てをお任せしましょう。

では、プロにお任せするにはどうしたらいいのかというと、その選択肢は大きく分けて次の2つがあります。

  • メーカー(正規代理店)
  • 街の時計修理店

尚、どちらにお任せするにしても、オーバーホールと同時に依頼することをおすすめします。

その方が料金的にお得になる場合が多いからです。

メーカーでしたら、例えばロレックスやオメガなどは「コンプリートサービス」といってオーバーホールの際に「新品仕上げ(研磨仕上げ)」が標準のサービスになっていることが多くあります。

そのため、オーバーホールの時にしか研磨をしないというユーザーが殆どです。

メーカーによる新品仕上げとオーバーホールには安心感があります。

その一方で、料金が高いのが最大のネックです。

できるだけ料金を安く済ませたい場合は、時計修理店をチェックしてみましょう。

納期の早さ(=作業期間の短さ)を優先する場合にも、時計修理店がおすすめです。

もし時計修理店探しで迷ってしまったら、「シエン」を検討してみてはいかがでしょうか。

「シエン」は新品仕上げの満足度が高い!

時計 傷 打痕 研磨 修理 修復 おすすめ

シエンは利用者からの評判がとても良く、全国どこからでも送付によってオーバーホールを依頼できる時計修理専門店です。

特に「新品仕上げ」のプライスとクオリティーには定評があり、新品仕上げとオーバーホールの同時申し込みで新品仕上げがサービス価格7,700円~(税込)と、とてもお得な料金設定になっています。

安心の1年間品質保証付き、オーバーホールの納期が約3週間など、充実したサービスと迅速な対応も売り。

ネットからの問い合わせや見積もりには無料で対応しているので、気になったら一度シエンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

【全国対応】シエンの公式サイト

⇒シエンの評判に関する記事はこちら

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
25,300円(税込)~ 19,800円(税込)~
納期 約2週間 約4~8週間
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績25,000本以上 料金設定がリーズナブル
総合評価 5.0 4.7
その他詳細 WATCH COMPANYの詳細 オロロジャイオの詳細
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

動かない、壊れた時計でも高く売れる!

時計 オーバーホール おすすめ ランキング 「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・」
「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・」
そう思ったら、「売却」も検討してみてはいかがでしょうか。
次のような状態でも、ブランド時計なら高く売れる可能性があります。

  • 10年以上オーバーホールをしていない
  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計の価値がすぐにわかる!おすすめの一括査定サービス

ネットで簡単!「1番高い」がきっと見つかる!
ウリドキ 時計査定の窓口
【利用料】無料
【査定社数】最大10社
【査定士登録数】135人
【査定実績】1400万件以上
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒ウリドキ
【利用料】無料
【査定社数】最大8社
【提携買取店】400社突破
【利用者数】10万人突破
【入力時間目安】約1~2分
【公式サイト】⇒時計査定の窓口

時計を売るなら必見のサイト

10万円以上損しないためのノウハウはこちら

【お願い】
各企業の料金やサービス内容に関する情報は、当サイトが独自に調査しまとめたものです。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、最新の情報に関しては各企業のHPなどをご確認ください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アンティーク時計の精度の許容範囲は?オーバーホールが必要な場合とは?

時計のブレス調整は自分でしない方がいい?お店に頼むと料金は?

リューズの巻きすぎ、締めすぎは故障の原因!その理由とは?

時計をオーバーホールしない理由が費用ならシエンという優良店がおすすめ!

時計が遅れる原因は?機械式なら修理やオーバーホールが必要か?

時計の傷は味と思って気にしない?かっこいい時計の使い方とは・・・