オリスは並行差別アリ?並行輸入品のオーバーホール料金は正規の1.8倍?

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

オリスのオーバーホールをメーカー(正規メンテナンス部門)に依頼する場合、以下のことは気になりませんか?

「料金はいくら位かかるのか?」

「そもそも国内正規品と並行輸入品とでは、対応が違うのか?」

「オーバーホールではどのような作業が行われるのか?」

もし、どれか一つでも気になるようなら、ぜひこの続きを参考にしてみてください。

オリスのオーバーホールに並行差別はあるのか?

オリス オーバーホール 並行輸入品 並行差別 料金

オリスの国内代理店は、これまで長きに渡って『ユーロパッション』という日本の商社が務めていました。

その時からオリスはいわゆる「並行差別」があるブランドとして、良く知られていたわけですが・・・。

ところが、2018年の5月にオリスの日本法人(オリスジャパン株式会社)が設立されたことで、その事業はオリスジャパンに継承されています。

その際、一部の時計ファンの間では「ユーロパッションのような並行差別が、もしかしたらなくなるのでは?」といったことが話題になったようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

気になったので、調べてみたところ・・・。

依然として、並行差別はありました。

オリスジャパンでも並行輸入品のオーバーホールは可能ですが、料金が正規品とは異なるようです。

オリスの正規オーバーホール料金

オリス オーバーホール 並行輸入品 並行差別 料金

オリスジャパンのオーバーホール基本料金は次の通りです。

基本修理料金

※表の全体が表示されない場合は、横方向にスクロールしてください。

作業内容 モデル 一般税別価格
(保証書無/並行輸入店で購入の場合)
会員税別価格
(保証書有/正規店で購入の場合)
分解掃除 手巻き 45,000円 25,000円
自動巻き 45,000円 25,000円
スケルトン 63,000円 35,000円
フライトタイマー 63,000円 35,000円
アラーム 63,000円 35,000円
ジャンピングアワー 63,000円 35,000円
ワールドタイム 72,000円 40,000円
ムーンフェイズ 72,000円 40,000円
クロノグラフ 72,000円 40,000円
その他 要見積り 要見積り
電池交換 クォーツ 9,000円 5,000円
見積りキャンセル料 2,000円 2,000円

スイス対応モデル

作業内容 モデル 一般税別価格
(保証書無/並行輸入店で購入の場合)
会員税別価格
(保証書有/正規店で購入の場合)
分解掃除 Cal.110/111/112/113 要見積り 要見積り
1000m防水モデル 要見積り 要見積り
見積りキャンセル料 12,000円 12,000円

出典:https://www.gressive.jp/satellite_site/oris/afterservice/#repairing

見ての通り、並行輸入品のオーバーホール基本料金は正規品よりも高く設定されており、その差は一律1.8倍となっています。

実はこれでも「並行差別はかなり緩和された」というべきでしょう。

なぜなら、以前はオーバーホールの差額が3倍という、正直、トンデモナイ時期もあったからです。

オリスの正規オーバーホール作業内容

次にオリスジャパンでのオーバーホールの作業内容について見てみましょう。

作業内容は以下の通り。

修理サービス内容 電池交換 分解掃除
機械機能点検調整
(機械式モデルのみ)
機械点検
電池交換
(クォーツモデルのみ)
防水機能検査
(防水モデルのみ)
パッキン交換
精度/持続時間検査
(機械式モデルのみ)
外装超音波洗浄
最終機能点検

出典:https://www.gressive.jp/satellite_site/oris/afterservice/#repairing

1点気になったのは、ポリッシュ(新品仕上げ)がサービス内容に含まれていないこと。

実は、ポリッシュはオプションサービスで、別料金ということです。

ポリッシュサービス 一般税別価格
(保証書無/並行輸入店で購入の場合)
会員税別価格
(保証書有/正規店で購入の場合除
ブレス 18,000円 10,000円
本体 27,000円 15,000円

出典:https://www.gressive.jp/satellite_site/oris/afterservice/#repairing

ポリッシュの料金もオーバーホール基本料金と同様に、並行輸入品は正規品の1.8倍。

あと、実際には、オーバーホール基本料金とポリッシュの料金以外に、別途部品交換が生じた場合には、その部品代と取付作業料もかかってくるということです。

そう考えると、オリスの維持費、特にその並行輸入品の負担については、決して小さな問題とは言えないはずです。

オリスのオーバーホール料金が安いおすすめは?

もし、オリスジャパンは高すぎると感じるなら、一般の時計修理店を検討しましょう。

その際、時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?でも紹介している『WATCH COMPANY』『CIEN(シエン)』、この2社は候補に入れておくことをおすすめします。

WATCH COMPANY

オリス オーバーホール 並行輸入品 並行差別 料金

【WATCH COMPANY】のオーバーホール料金はこちら

【関連記事】

飯田橋に本社を構える『WATCH COMPANY』には、1ヶ月に2,000本以上、1年間では25,000本以上もの時計の修理依頼があるそ...

CIEN(シエン)

オリス オーバーホール 並行輸入品 並行差別 料金

【CIEN(シエン)】のオーバーホール料金はこちら

【関連記事】

丁寧な対応とリーズナブルな料金で人気の『シエン』という時計修理店があります。 このページでは、そんなシエンの評判や口コミ、店舗情報...

もし私がオリスの並行輸入品のオーナーだったら・・・。

オリスジャパンと時計修理店、どちらにオーバーホールを依頼するかは、もはや言うまでもありません。

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリスの純正ベルト(バンド)の価格や値段、交換方法について調べてみた!