IWC(リシュモン)の修理オーバーホール料金や期間、並行差別はある?

PICK UP!【オロロジャイオ】
OMEGA機械式 /ZENITH機械式
オーバーホール基本料金
期間限定(2019.11.1~11.30)
2,000円引き(税別)

詳細公式サイト

時計ヲタTorl

時計ヲタTorl
IWCのオーバーホールについて、何か気になることはありませんか?
こんにちは。当サイトの管理人『時計ヲタTorl』です。

この記事ではIWCの時計をメーカーであるリシュモンジャパン(以下「リシュモン」という)で修理やオーバーホールをする際の料金や期間、並行差別の有無などについてまとめています。

また、同様のサービスを一般の『時計修理店』に依頼する場合との違いについても書いてみました。

今後、修理やオーバーホールの予定があるなら、ぜひ参考にしてみてください。

【おすすめの記事】

時計のオーバーホールおすすめランキング!人気5社で料金が安いのは?

IWCの修理やオーバーホールに並行差別はあるのか?

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

結論から言うと、ずばりIWCの時計に並行差別はありません。

これは、IWCがリシュモングループの一ブランドであることがその理由だと思われます。

ちなみに、リシュモングループの時計ブランドといえば、他にカルティエやパネライなどがありますが、それらも同様に並行差別がありません。

よって、時計自体が本物であれば、並行輸入品であっても国内正規品と同等のアフターサービスが受けられます。

当然、修理やオーバーホールの内容や料金に差がつくこともありません。

IWCの修理やオーバーホールをリシュモンに依頼する方法

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

IWCのブティック(直営店)、もしくは全国の正規販売店の窓口にて修理やオーバーホールの依頼が可能です。

もし、最寄りの店舗がわからなければ、店舗検索機能を利用すると便利です。

また、ユーザーが直接『IWCカスタマーサービス』に時計を送ることも可能です。

送り先ついては、下記をご参照ください。

【連絡先】リシュモンジャパン(株)テクニカルサービス
【電 話】03-5639-7241
【住 所】135-0031 東京都江東区佐賀2-9-8 MSC深川ビル2号館 リシュモンジャパン(株)テクニカルサービス

IWCのオーバーホールの頻度は何年が目安?

リシュモンでは、およそ5年に1度のオーバーホールを推奨しています。

但し、時計の使用方法や使用環境によっては、この間隔が大きく異なるとも付け加えられています。

よって、特に使用頻度が高い時計の場合は、3年に1度くらいの頻度でオーバーホールをした方が良いのかもしれませんし、逆に滅多に使うことのない時計の場合は、5年以上放置しても特に問題はおきないのかもしれません。

ただ、ムーブメントに塗布されている『潤滑油』は、使用されない時計であっても経年によってやがて干上がってしまいます。

この潤滑油が干上がった状態で時計を動かせば、部品同士が擦れあって摩耗、傷、破損などの機械内トラブルに繋がりかねません。

よって、どんな時計でも最低限潤滑油を塗り直すためのオーバーホールは必要であり、その頻度としてはやはり「5年」を目安にした方が何かと安心だと思われます。

無論、オーバーホール料金は非常に気になるところですが、無理に先延ばしした結果、余計に修理代が高く付いては本末転倒と言えるでしょう。

IWCをリシュモンでオーバーホールするメリットとデメリット

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

リシュモンによるオーバーホールは、『コンプリートサービス』と呼ばれています。

そのコンプリートサービスは、次の16もの工程によって完結します。

1.登録・消磁
2.診断
3.ケースの分解・ムーブメントの取り外し
4.ケースとブレスレットの研磨
5.ケースパーツと金属ブレスレットの超音波洗浄
6.ケースの再組み立て(防水性を確保するため新しいパッキンを使用)
7.ムーブメントの分解
8.ムーブメントパーツの超音波洗浄
9.ムーブメントパーツの検査・磨耗したパーツの交換
10.ムーブメントを一から再組み立て・潤滑
11.調整(ムーブメント・複雑機構・カレンダー機能)
12.針および文字盤の設定
13.時計を完全な形に再組み立て
14.IWC 基準に従った精度検査
15.防水検査
16.品質の最終検査
出典:https://www.iwc.com/ja/services/complete-service.html

リシュモンでオーバーホールする最大のメリットは、やはりメーカーなだけに知識や情報が豊富にあること。

そして、IWCの時計を専門にオーバーホールしているので、実績や経験の蓄積があり、技術にも信頼がおけること。

要は、絶対的な安心感があることです。

また、オーバーホール後2年間の保証が付くのも大きなメリットといえるでしょう。

逆にデメリットといえば、対応があまり早くないこと。

オーバーホールの納期は、およそ1ヶ月~3ヶ月くらいだと言われています。(部品をスイスからの取り寄せの場合は、それ以上かかることもあるようです。)

また、ケースとブレスレットの研磨が標準サービスになっているのも、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

研磨は不要という人も少なくないはずですし、研磨しない代わりにその分料金が安くなるといったことも無いからです。

そして、最大のデメリットといえば、やはり料金が高いことです。

リシュモンのIWCのオーバーホール料金は高い?

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

リシュモンのオーバーホール料金については、こちらをご参照ください。

リシュモンによるオーバーホールには、「絶対的な安心感」「2年保証」というメリットがあるとはいえ、その料金は決して安くありません。

もし、料金や納期がネックであれば、一般の時計修理店でのオーバーホールを検討してみてはいかがでしょうか。

特に料金に関しては、倍近く違う可能性も十分にあるでしょう。

IWCの修理やオーバーホールでおすすめの時計修理店は?

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

もし、IWCの修理やオーバーホールを一般の時計修理店で考えたいなら『WATCH COMPANY』『オロロジャイオ』、この2社は候補に入れておくと良いでしょう。

モデルによっては「対応不可」もあるようですが、どちらもリシュモンに比べると、やはり料金が安いのはとても魅力的です。

WATCH COMPANY

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

【WATCH COMPANY】のオーバーホール料金はこちら

【関連記事】

飯田橋に本社を構える『WATCH COMPANY』には、1ヶ月に2,000本以上、1年間では25,000本以上もの時計の修理依頼があるそ...

オロロジャイオ

IWC リシュモン 修理 オーバーホール 料金 期間 並行差別

【オロロジャイオ】のオーバーホール料金はこちら

【関連記事】

このページでは、東京中野にある時計修理&オーバーホールの専門店『オロロジャイオ』の特徴や評判、店舗の概要や料金などの情報をまとめています...

どちらも、無料で問い合わせや見積もり依頼が可能です。

なので、気になることがあれば、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

【全国対応】人気時計修理店
店名 WATCH COMPANY オロロジャイオ
OH料金例
(ロレックス)
23,000円~ 18,000円~
納期 約2週間 3週間~
保証期間 1年(アンティークは6ヶ月) 1年(アンティークは6ヶ月)
特徴 年間修理実績約20,000本 ロレックス他OH基本料金が格安
総合評価 5.0 4.67
公式サイト WATCH COMPANY公式 オロロジャイオ公式

その他3社を含む【時計修理店ランキング】はこちら

壊れた時計でも高く売れる!?

「オーバーホールの見積もりが予想以上に高かった・・・。」

「修理するよりも新しい時計に買い替えたい・・・。」


そう思ったら、選択肢として「売却」も視野に入れると良いでしょう。

次のような状態でも、高級時計なら高く売れる可能性があります。


  • オーバーホールをしていない

  • 電池交換をしても動かない
  • リューズが壊れている
  • ブレスレットが壊れている
  • 風防が割れている etc.・・・

壊れた時計を高く売るなら

【注意】
各企業の料金やサービス内容に関しては、あくまで管理人が調べた限りの情報です。

ご覧になっている時点では改定されている可能性もあるため、詳細や最新の情報に関しては各企業に問い合わせたり、HPをチェックするなどしていただければ幸いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。